XAMPP for Linuxに付属しているphpMyAdminが使用可能になるまで

普通ならXAMPPをインストールすればすぐに使えるはずですが…、
僕の場合は事前にいろいろいじってたので手間がかかりました。

環境

行った設定

【『config.inc.php』のパーミッション変更】
僕はXAMPPインストール時に、パーミッションをまとめて
『777』に設定してしまったので、『書き込みさせちゃダメ』と
エラーメッセージで叱られてしまいました。

【端末】
$ sudo chmod 644 /opt/lampp/phpmyadmin/config.inc.php

【ユーザ名、パスワードを変更する場合】
デフォルトではパスワードは設定されていません。
設定したい場合は、config.inc.phpを編集します。
僕はコマンドラインからmysqlに接続してパスワードを設定して
しまっていたのですが、めんどくさいのでパスワードは無しにしました。

【/opt/lampp/phpmyadmin/config.inc.php 18〜23行目】
/* Authentication type and info */
$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'config';
$cfg['Servers'][$i]['user'] = 'ユーザ名';
$cfg['Servers'][$i]['password'] = 'パスワード';
$cfg['Servers'][$i]['extension'] = 'mysqli';
$cfg['Servers'][$i]['AllowNoPassword'] = true;

【ブラウザからアクセス】
http://localhost/phpmyadmin/


『/opt/lampp/etc/httpd.conf』でDocumentRootを変更した場合でも
上記のURLでアクセスすることができました。
…なぜだろう……。