目的の正当性と手段の正当性【石原都知事の天罰発言】

『目的のためなら手段を選ばず』
という言葉には、強引な人物だという評価と共に、志を曲げない人物
という若干の同情と賞賛も含まれていると思います。



私は中学1年の頃、テニスラケットで友人の頭をぶん殴ったことがあります。
軟式テニス部に所属していて、練習後、終礼のために部員一同が職員室前の
廊下に集まり、先生が現れるのを待っていました。
静かにしていなければならないのに、みんなが好き勝手におしゃべりしていて
騒がしかったので、私がみんなをたしなめました。


昔から、私はいじめられっ子ポジションでした。
そんな私が、先輩に対しても生意気な口をきいたので、その場の全員から
冷ややかな攻撃を受けました。
特に、同学年のX君から、ひどい侮辱の言葉をもらいました。
私の怒りが頂点に達した頃、先生が職員室から現れました。
その場の状況を先生に説明して、先生から叱ってもらうように訴えても
よかったのですが、『先生にチクる』という形になるのが格好悪いし、
何より叱責という生優しい処分では私の気が済まなかったので、
持っていたテニスラケットで、泣き叫びながらX君の頭を思い切りぶん殴りました。


正直に言って、殺すつもりでした。
殴った直後、放心しながら、『ああ、やってしまったな…』と思いました。
それでも、『自分は間違ったことはしていない』と信じていました。
X君と刺し違えた気分になっていました。
幸い、X君の生命に別状はなく、私は、その後すぐに両親が呼び出されたりして
ちょっとした騒ぎになったものの、テニス部を辞めることもなく、事件は終わりました。


『目的のためなら手段を選ばず』という考え方で行動する人物に同情する
風潮は、とても危険だと思います。
あの時、先生からはひどく叱られましたが、その後、母から、先生が
『騒ぐみんなを静かにさせようとした勇気は立派だった』と言っていたと
聞かされました。
しかし、もし、先生が私を一切責めずに、『sutaraがこんな暴挙に及んだのは、
学校の秩序を乱す輩の行為を、彼の正義感が許さなかったからだ。
みんな、察してあげなさい』などとかばったりしたら、
『キレる厨房』が大量発生して、それこそ学校の秩序を乱すことになっていたと思います。
行き過ぎた報復は、当然、罰せられるべきです。



秋葉原通り魔事件や、就活生のバスジャックなど、ほかにも例はたくさんありますが、
弱者の錯乱の真相にばかり注目して同情に溺れることは、秩序を乱しかねない危険な行為です。
ならば、強者の暴挙の真意を思いやってかばうことは、さらに危険だと言えます。



戦前、関東大震災の発生直後、甘粕事件が起こりました。
( 参考:wikipedia http://bit.ly/hBWq4P )


甘粕大尉らは、大震災の混乱に乗じてアナキストらが不穏な動きを起こし政府を転覆しようとすると憂慮し、アナキストの主要人物であった大杉と伊藤を殺害することを決めた。
甘粕大尉は事件に関わっていなかった、とか、もっと上の、憲兵司令官からの
命令だった、とか、真相は今も分かっていないそうですが、ともかく、
2人の大人と、6歳の子どもが虐殺されたことは事実です。
世間の評価は、二つに割れたそうです。

大震災直後に起こった社会主義者労働運動家らに対する警察や軍による拘束や虐殺ともあいまって多くの国民の怒りが湧き上がる一方、国賊・大杉を処断した甘粕大尉に減刑を」との署名が数十万名分も集まるなど甘粕大尉を支持する声も強く、世論は二つに割れた。
過去に大杉栄がテロなどに関与していたことが明白ならばいざ知らず、いえ、
たとえそうだったとしても、6歳の男の子まで殺したことの
正当な理由にはなりません。



さて、長くなりましたが、石原都知事の天罰発言についてです。
『彼が本当に伝えたかった主張は間違っていないのだから許してやれ』と
擁護する人々に対してはもちろん、
『今すぐ辞任しろ』だの、『死ね!』だのと語気を強めて非難する人々に対しても
危険と恐怖を感じます。
『目的のためなら手段を選ばず』という考え方は、つまり、
手段の正当性よりも、目的の正当性を優位においています。
しかし、手段が間違っていれば、無関係な人を巻き込んだり、全体の秩序を乱したりと
副作用が強く現れることになります。


目的が正しければ何をやっても許される、と、その副作用を無視し続ければ、
上記の甘粕事件のような行き過ぎた弾圧を許して強者の暴走と慢心を招き、
果てはアメリカのイラク先制攻撃のような、長く内外の人々を苦しめる
失策につながると思います。
私のような一般人が身の危険を感じずに気楽に批判できる段階のうちに
そのような芽を摘み取っておくため、あらためて、冷静に今回の発言を非難し、
選挙という穏便な手段で、都民の方々が石原都知事に審判を下すことを期待します。



【関連記事】
失言だけならば何もここまでしつこく非難することはないのですが、
彼がこれまでやってきたことと、今回の発言と謝罪時の態度を合わせて
考えると、糞ニートの私に言えたことではないのですが、
あまりに危険な人物に映ります。
単なる欲ボケなら問題ないのですが、もしかしてそれを自覚していないのか
と思わせるような純粋さが、本当に恐ろしいです。


石原都知事の天罰発言の真意とは?
http://d.hatena.ne.jp/sutara_lumpur/20110316/1300228857


石原都知事の天罰発言を、精一杯好意的に解釈してみる。
http://d.hatena.ne.jp/sutara_lumpur/20110318/1300471557